稚内市役所稚内市役所建設産業部水産商工課

稚内市総合勤労者会館

稚内市総合勤労者会館

電話: 0162-23-3643
FAX: 0162-23-3650
mail: wa.kinrou@gmail.com

最終更新日2017年4月20日

稚内市勤労青少年ホーム利用者協議会規約

第1章  総 則

(名称)
第1条 本会は、稚内市勤労青少年ホーム利用者協議会(以下「利用者協議会」という。)と称す。
(目的)
第2条 本会は、ホーム利用者全体の集約機関として、自主的な仲間作りと、利用者会員の親睦と資質の向上を図ることを目的とする。
(事業)
第3条 本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
1.会員相互の連絡
2.各種サークル活動の実施
3.ホーム行事の企画・運営
4.ホームの広報活動
5.その他、この会の目的を達成するために必要な事項
(会員)
第4条 本会の会員は、稚内市勤労青少年ホーム利用者とする。

第2章  役 員

(役員)
第5条 本会は、運営を円滑にするために、次の役員を置く。
会長1名 副会長1名 会計1名 監査1名 理事若干名
(役員の任務)
第6条 役員の任務は、次のとおりとする。
1.会長は、本会を代表し、会務を総括する。
2.副会長は、会長を補佐し、会長事あるときは、職務を代行する。
3.理事は、議事を記録し、利用者会員に報告する。
4.会計は、本会の会計運営をする。
5.監査は、本会の会計及び会務を監査し検査する。
(役員会議)
第7条 役員会議は次のとおりとする。
1.役員定例会は、毎月1回を原則とする。
2.臨時役員会は、会長がこれを必要と認めたときに開催する。
(任期その他)
第8条 役員の任期は、1ヶ年とし、就任は妨げない。期間は、4月1日から翌年の3月31日までとする。役員は、任期満了であっても後任者に事務引継が終わるまでは、その任務を遂行しなければならない。

第3章  サークル活動

(サークルの設立及び廃止)
第9条 サークルの設立及び廃止については、次のとおりとする。
1.第3条の2に規定するサークル活動については、3名以上の会員の連名により、サークル名・活動内容・目的等を、書面をもって役員に提出し、役員の過半数の賛同を得たとき、これを認める。
2.サークルの廃止については、サークルから自主的な申し出により役員会の承認を得ることとする。又、役員会でサークルとの話し合いで決める。
(サークルの役員)
第10条 各サークルには、部長・副部長・会計を1名ずつ(以下サークル役員と称す)置くものとする。
(サークル役員の任務)
第11条 サークル役員の任務は、次のとおりとする。
1.部長は、サークルを代表し、サークルを総括し、行事連絡及び参加の促進集約等を行い、サークル部員との連絡調整を行う。
2.副部長は、部長を補佐し、部長事あるときは、任務を代行する。
3.会計は、サークル内の会計運営を行う。

第4章  総 会

(総会)
第12条 この会の運営を円滑にするために、総会を開催する。
1.総会は、定期総会及び臨時総会とする。
定期総会は、毎年事業年度終了後速やかにこれを開催する。
臨時総会は、会長がこれを必要と認めたとき、又、30名以上の会員の目的事項を示した請求がある時にこれを開催する。
2.下記事項は定期総会において、その承認を受けることを要する。
(1)事業計画及び収支予算
(2)前年度事業報告
(3)前年度収支決算
(4)役員が必要と認めた事項
3.総会は、会員の十分の一以上かつ役員の三分の二以上の出席をもって成立する。
4.総会の議事は、出席会員の過半数を持ってこれを決す。可否同数なる時は、議長の決するところによる。

第5章  会 計

(会計及び監査)
第13条 本会の会計年度は、4月1日から3月31日までとする。
尚、監査結果は総会で報告するものとする。

第6章  規約の変更

(規約の変更)
第14条 この規約の変更は、総会にかけなければならない。

附則1 この規約は、平成14年4月1日から施行する。
附則2 この規約は、平成20年4月27日から施行する。
附則2 この規約は、平成29年4月18日から施行する。